お習字の時間

今日は週に一度のお習字の日。

先生は白髪の穏やかな先生である。
先生のお陰で貴重な経験をさせてもらっている。
今まで知らなかった、いろいろな事を教えてくれる。

先生は言った。

「後何年教えることが出来るかわからないけど、
私の知っている事は全て伝えるので、何でも聞いてください。」

ありがたい言葉である。
しっかりと先生の言葉をかみしめた。



準備をしたら、墨をするところから始める。

しばらくすると、墨の香りが漂ってくる。
きりっとひきしまった気持ちになる。
このにおいがたまらなく好きだ。


今年に入ってから、2年後の展覧会へ出品するための作品とりかかっている。
大きな紙に、小さな文字を一つ一つ刻んでいく。

先はまだまだ遠い。
[PR]
by couturira | 2011-05-19 13:13 | 手しごと | Comments(0)
<< みかんの花 花のピンどめ >>