植物の声

我が家にはグリーンが結構ある。
と言っても大きな鉢植えではなく、小さいものばかりだ。

最近ではワイヤープランツが元気に育っている。

しかし、私はどうしても枯らしてしまう。
買っては枯らし、買っては枯らし・・・。

グリーンを次々と買ってくる私を見るオットの目は冷たい。
「どうせまた・・・」


分かっている。
十分分かっているのだ。

それなら枯れないように気をつければいいのだが、それでも枯らしてしまうのだ。
危篤状態を何度も繰り返し、そのたびに焦って水をどぼどぼとやる。
それでなんとか持ち直すものもいれば、そのままのものもいる。

水をやりすぎては失敗し、ほったらかしすぎては失敗し・・・。
そして、また新たな仲間を連れてくる。


そんな話をしたら、
「植物が身代わりになってくれてるのよ」
と言われたことがある。

ああ、どれだけ彼らに身代わりになってもらったことだろう。
身代わりになってくれたものたちに申し訳ない気持ちと、ありがとうという気持ち。
でも罪悪感から少し解放された気がした。


そして、今日も私は植物たちの言葉に耳を傾けることが出来ているのかいないのか、せっせと水やりをする。

a0175678_22211874.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-03 22:29 | 日々のこと | Comments(0)
<< フリルバッグ 緑の花 >>