理科と理図

今日は小学生の参観日だった。

子供たちの小学校は月に1度のペースで参観日がある。
そして、一学期に1回のペースで時間差の参観がある。

例えば、2時間目は2年生、3時間目は4年生といった具合に、1時間の間に親が途中で抜けて他の兄弟の授業に行かなくていいようになっている。

今日がその親子参観だった。

まず、2年生はスライム作り。
自分でスライムが出来ることにまず驚いた。
色水、ホウ砂、洗濯のりで出来るのだ。

色水に洗濯のりを同量加え、そこにホウ砂を水で溶いたものを少しずつ混ぜていく。
そうすると、あのどろんどろんのスライムが出来る。

息子は迷わずカープの赤を選んだ。
そしてそのスライムにストローを突っ込んで、風船を作るのだ。
これは意外と難しかったが、出来ると結構嬉しい。
a0175678_1849411.jpg


次に4年生。
理科と図工を合体させて理図の授業だという。
星座の勉強で夏の大三角形の星座である、琴座、わし座、白鳥座のどれか好きなものを選んで星座を作る。

星座のコピーを黒い画用紙に重ねて、コンパスの針を使って星の位置に穴を開ける。
そして裏からセロハンをテープでくっつけた。

何かを作るというのは面白い。
私も必死になって穴を開けた。
a0175678_18495441.jpg


子供と一緒に授業を受けた。
懐かしい小学生の頃を思い出した。
そういえば、私も図工や理科の実験が好きだった。


[PR]
by couturira | 2011-06-21 18:53 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by わたげ at 2011-06-22 09:17 x
へぇ、理図・・・おもしろそう!
他の教科と合体させた授業なんて 初めて知りましたぁ。
色々工夫されているんですねぇ、学校^m^

それにしても この手作り星座、、、いいですね♪
Commented by couturira at 2011-06-22 17:17
わたげさん、こんにちは!

娘が言うには理図、ちょこちょこあるらしいです。

早く完成が見たくてさっさと出来上がってしまった私は一人、手持ち無沙汰でした(汗)
久しぶりに色とりどりのセロハンを見て、気分が盛り上がってしまいました。
<< 外で食事 診察券or通帳入れ >>