カヌー

大会に出ることになった長男は、カヌーの練習。

たまたま空いていた二人乗りのカヌー。
重たいはずだが、すいすいと自在に操る。

私はカヌーに乗ったことがない。
私にとっては全くの未知の世界を、彼は知っている。
ついこの間まで、彼の知っている世界は私の世界の中にあったのに、こうしてどんどん私の知らない世界を切り拓いていくのだろう・・・。
特に男の子は、こうやってみるみるうちに遠いところへ行ってしまうような気がする。
頼もしくもあり、寂しくもある。

あまり早く、大きくならなくてもいいのにな・・・

a0175678_2291422.jpg


[PR]
by couturira | 2011-07-24 22:12 | 子そだて | Comments(4)
Commented by paco at 2011-07-24 22:30 x
息子の世界かぁ~♪
couturira さんの心境はわかりますよ~!
きっと世の中のお母さんはみんなそう思ってるはず!
我が子が親の手を借りなくても出来ることが増えるって嬉しいけど
複雑ですね。男の子なら特に(笑)
Commented by couturira at 2011-07-24 23:15
pacoさん、こんばんは。
ありがとうございます!

もう少し小さい頃は、早く大きくなってくれないかなぁと思っていたのですが・・・。
子供のことは何でも知っていると思っていたのに、いつの間にか自分の足でしっかりと歩いているんですよね・・・。

今この瞬間の子供たちに会えるのは今しかないんだと、なんだか焦りみたいなものを感じてしまいました。

とは言いながら、長すぎる夏休みには頭がいたいのですが(笑)
Commented by わたげ at 2011-07-25 06:05 x
こどもだけが知っている世界・・・なんだか いいなぁ♪と 思ってしまいました。 

自分の好き・世界を それぞれの子には持ってもらいたいと願う私。
うちの子供たちの世界は まだ私の世界の中かなぁ。
どんな世界を築いてくれるのか 楽しみ(#^.^#)

・・・でも そうなってしまうと 寂しいものなんですね。
こちらの 心の準備も必要ですかね?
Commented by couturira at 2011-07-25 08:42
わたげさん、おはようございます。

まだまだ小さくて、私の手の中にあると思っていた子どもが、ふと気がつくと、私の知らない世界でのびのびと泳いでるような姿に、いつの間にこんなに大きくなったのかと驚きました。

もちろん当然そうあるべきだし、喜ぶべきことなんですよね。

寂しいけれど、それが楽しみでもありますよ。
しっかり見逃さないようにしていたいですね♪
<< 雷神サマ 風呂敷の使い方 >>