絵本

夏休みには宿題がある。
その中でも、面倒な部類に入る読書感想文と感想画。

毎年8月も中旬になってからあわてて本を購入するのだが、今年こそは早めにと、昨日本屋さんへ行った。
各学年2冊ずつ選ぶ。
とんだ出費であるが仕方ない。
図書館で借りるというテもあるのだが、予約が何件も入っているし、ゆっくり読めない。

一人、じっとこっちを見ている。

次女である。
次女には宿題はないが、みんなが本を買うので
「わたしはどうなの・・・」
というまなざしである。

仕方ない、2人×2冊+一人×1冊

レジに向かおうとすると、一冊の本が目に飛び込んだ。
「ビロードのうさぎ」

表紙の絵に惹かれてこちらを勧めたが、次女は室井滋作の
「しげちゃん」
を離さない。

結局計6冊を買うこととなった。
兄弟が多いのも楽じゃない・・・。
a0175678_12103850.jpg


[PR]
by couturira | 2011-07-26 12:15 | 子そだて | Comments(2)
Commented by puk at 2011-07-26 18:11 x
夏休みの宿題に頭を悩ませるのは、子供より親の方なんじゃないかなと思う今日この頃です。

夏休み帳に始まり、ドリルに感想文、自由研究などなどあげたらきりがないですが、多分子供よりも私の方が把握できてるんじゃないかと思ってます。

とりあえず学校の図書室から本を借りて帰っているけど、いまだに一冊も触っていません。いつ感想文にとりかかるか見物です(^^;
Commented by couturira at 2011-07-26 21:57
pukさんこんばんは。

宿題、親も結構プレッシャーですよね。
でも、私たちの頃に比べたら、夏休み帳も随分と薄くなったような気がしませんか??

長男はさっさと夏休み帳を終わらせてしまったので、必須ではないドリルをさせようとするのですが、なかなか・・・。

できるだけ毎日本を読んでもらおうと思っているのですが、思うようには進みません(笑)
<< ご当地ヒーローのお仕事 水だけでドーナツ >>