お客様

我が家にピアノがやってきた。

年少の夏休みから、幼稚園の音楽教室に通い始めた次女。
もともと音楽は好きなようで、楽しみながらやっていた。

私達両親も、楽譜が読めて、好きな曲をポロンと弾けるようになればいい・・・くらいの気持ちでいた。

次女は私のお下がりであるキーボードで練習していた。
どうしてもピアノが欲しいと、次女が言うようになってから考えようと思っていた。

練習は嫌いではないようで、毎日やっていた。
家で弾くと、それとなく弾けている。

しかし、レッスンの日。
ピアノで弾くと、さっぱりなのだ・・・。

ピアノとキーボードでは弾き方が違うため、音が出ない。
熱心な先生は、そろそろピアノを・・・と遠慮がちに訴えた。


ピアノを購入することを迷っていたもう一つの理由。
それは、ピアノの存在感である。
家具をほとんど置いていない我が家。
果たして大きな大きなピアノが、違和感なく溶け込めるのだろうかと、不安もあった。

しかし子供のため。
そうも言ってはいられない。


結局私達は、ピアノを買った。


ピアノ屋さんで私達が気に入ったのは、1980年代のピアノ。
木目の濃い色が、なんとも味がある。
顔のところに模様が入っていて、猫足。

同じようなピアノがもう一つあったのだが、音を比べるとこちらの方が好きだった。

こうして、我が家にピアノがやってきた。


部屋として独立させていない我が家は、壁と呼べるものがほとんどない。
仕方ないので唯一テレビの裏側の壁である、階段の下に鎮座した。

さすがの存在感。
決して大きなものを買ったわけではないのだが、ここにいますよと言わんばかりである。
まだまだお客さん顔のピアノ。
果たして我が家にしっくり馴染んでくれるのだろうか・・・。

a0175678_854572.jpg

a0175678_8543748.jpg


読んでくださってありがとうございます。
励みになっています。
[PR]
by couturira | 2011-08-25 09:02 | 子そだて | Comments(4)
Commented by hanaと五右衛門 at 2011-08-25 11:35 x
さすがセンスの良いcouturiraさん♪
猫足なところと、深い色味がおしゃれですね!!

今からどんどんピアノを弾いていくと
きっと家にも馴染んできますよ(^^)v

私も小学生の頃ピアノを習ってて、実家には今でもピアノがあります。
もう、20年近く調律もしてないんじゃないかな?
それこそ今では大きな「置物」になってます(>_<)



Commented by couturira at 2011-08-25 20:15
hanaさん、こんばんは。

hanaさん、ピアノを習ってたんですね!
やはりピアノを習うからには必要ですね(汗)

楽器はそれぞれやっていましたが、ピアノの事はさっぱりな私達。
ようやく重い腰を上げて決断しました。

何年弾いてくれるのか分かりませんが、義母のように、歳をとってから私が始めてもいいかなとも思います♪
Commented by paco at 2011-08-25 23:14 x
ステキなピアノですね♪
娘さんの為に大きな買い物でしたが、買われて正解ですよ!
タッチが全く違いますものね。
それに音も…!
きっと娘さん、もっと上手になりますよ~(*^_^*)
Commented by couturira at 2011-08-26 08:52
pacoさん、おはようございます。

もしや、pacoさんもピアノ経験者ですか?

確かに音も違いますね。
もっと上手になったらBGMがわりになるのでしょうか・・・。

中古とはいえ、ピアノっていろんな種類があるんですね~
中にはアップライトなのに数百万円のものまであり、思わずおじさんに何が違うのかと問い詰めてしまいました。

どんどん弾いて、もっと上手になってほしいものです♪

<< 失敗三昧 夏休みの成果 >>