ターニングポイント

タイミングというのは突然やってくるものである。

私の場合、習字教室を始めようと思いつつも重い腰を上げられずにいた冬の終わりにやってきた。

なかなか決断できずにいる私を、先生は思い切った方法で背中を押した。

後から聞かされた事なのだが、
「私がやめるとでも言わないと、あなたは決断しなかったでしょう」
と先生はにこにこと教えてくれた。

そこまで私のことを見抜かれていたとは、恥ずかしくもあり、嬉しくもあった。

そして春先には今の先生に出会う前にお世話になっていた先生が、しばらく教室をお休みされるということで、友人から子供を見てほしいと連絡があった。


そんなこんなで流れに流され、4月から習字教室を始めることになった。

私の人生を振り返っても、こんな風に流れに身を任せて来たような気がする。
そんな私のことを
「大きな決断もあっさりと決めてしまう」
と母はぼやくのだが、私は私なりに色々考えているつもりなのだ。
しかし、何か始めるときは、そこに私に必要な物がきっとあるはずだという思いと、失敗してもその中に得るべきエッセンスがきっと含まれているはずだという思いは常にある。
また、そんな風に考えることで少し楽に生きられる気がする。


下の子の入学、学校の役員など、一気にいろんな事がスタートした4月だったが、そろそろ自分のペースをつかんで周りを見渡す余裕を持ちたいこの頃である。

そして、自分の書も頑張って続けていきたい。


a0175678_12142430.jpg

[PR]
by couturira | 2012-05-16 11:53 | 日々のこと | Comments(4)
Commented by おかみ at 2012-05-17 00:50 x
わぁ♪
couturiraさん、とうとう教室をお持ちになってたんですねぇ!!!
少しずつ・少しずつ・・・ですね。
ユメがカタチに。
いつも応援してますヨ。

最後のお写真の書は・・・どんな意味なのですか?^^
Commented by couturira at 2012-05-17 08:58
おかみさん、おはようございます。

そうなんですよ。
ついに教室スタートしました。
いつもありがとうございます♪

よく知った子どもたちばかりなので、とても楽しくやっています。

この書の意味は長い長い文の一部分なのですが、
贅沢なところや過度なものを取り去って、崩れているところは葺きなおし…
という感じです。

なかなか全文を書くのは大変でして、めったにそういうことはしませんが、一年くらいかけて少しずつ仕上げるといったペースでやっています。

なかなか完成したときの感慨は大きいですよ♪
Commented by take at 2012-05-17 13:24 x
(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ- 更新してますな。。エライ!エライ(^v^)v

教室もったんですね。。。
良かったですね・・なんにしても人生のタイミングがあるはずだし
回り道をしても きっとそこにたどり着いていたはずです!!

頑張って下さい! いつも応援しておりますよ(*´∀`*)
素晴らしい先生ですね☆
まさに師弟愛・・・・。
自分が去る事で背中を押してくれたんでしょうね。。
素敵なお話・・・・ありがとうございました♪
Commented by couturira at 2012-05-17 19:47
takeさん、こんばんは。

そうでしょそうでしょ♪
誉められると頑張るタイプです(笑)

今日も教室だったのですが、子供たちに教えられています。
我が子には決して出来ないのですが、教室の子には誉めるの8割、直しを2割で接していると、みんな逆に頑張っちゃうんですよね。
それを見て我が子に対して反省したりなんかしています…

先生が退くというエピソード、実はその後がありまして、先生今でも現役でやられています♪
お陰で私も何かあると先生の所にお世話になっていて、未だに独り立ち出来ていません(汗)

直接指導してもらうことはもうありませんが、そのほかの部分で甘えさせて頂こうと思っています♪
<< あれから4年 サプライズ >>