2011年 06月 02日 ( 2 )

夜の訪問者

子供たちは9時になると、二階に上がってベッドに入る。

しばらくすると、子供たちの歓声が聞こえた。

何事かと上がってみると、窓の外に光る物が・・・。
窓のすぐ近くを蛍が飛んでいる。

そういえば、去年も近くの山が光っていた。
今年も蛍の季節がやってきた。

ふわふわと光が動く様は、なんとも幻想的である。


昔、この季節になるとよく家族で夜の散歩に出かけた。
パジャマにサンダルでは少し肌寒かった。
川沿いの道をしばらく上がると、田んぼのあぜ道が浮かび上がるように光る。
飛び交う蛍を、父がつかまえてくれた。
「蛍の命は短いから、すぐに放してあげようね」
と言いながら。



かえるの合唱が聞こえる中、家の電気を全部消してしばらくみんなで窓の外の蛍を見ていた。


日本の原風景が、ここにはまだ残っている。

[PR]
by couturira | 2011-06-02 22:12 | 日々のこと | Comments(2)

がま口 2種

小さながま口を作った。
片手にしっくり馴染む大きさが、なんだか愛着がわく。

一つはブラックウオッチ。
もう一つはブロックチェック。

どちらも好きな柄だ。

チャームは先日の木のクロスと、コイン。
もう一つは天使とプレート。

切り替えのところはハンドステッチ。
ハンドステッチは大好きだ。
不ぞろいの足跡のようだ。

空いた時間にちくちくちくちく。


何を入れよう。

私なら、飴ちゃんやフリスクか。
いや、子供のムシ刺されの薬や絆創膏がいいかもしれない。
a0175678_21232783.jpg

a0175678_21495160.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-02 21:24 | 手しごと | Comments(0)