2011年 06月 26日 ( 1 )

体の悲鳴

朝から小学校の保護者対抗ソフトバレーボールに行っていた。

今年は長男の2年生チームでかり出された。
かり出されると言っても、なかなかメンバーが揃わないので声を掛けられただけであって、上手いから声がかかったわけではない。

でも、結構、いや、かなり盛り上がる。
学年別対抗なので、ついつい必死になってしまうのだ。


長女が入学してしばらくは、参観日も懇談会も彼女のクラスに丸々出ることが出来ていたので、保護者の顔も子供の顔もすべて把握しているが、長男が入学してからというもの、参観日は長女のクラスとかけもちのため、2年生の保護者をあまり知らなかった。

しかし、たった一日、いや数時間同じチームで戦っただけなのだが、なぜか同志のように感じてしまうので、親睦バレーボール大会の意義は大いにあったと言える。

2年生チームは順当に勝ちあがり、ついに決勝戦で長女の学年である4年生チームと当たってしまった。
残念ながら負けてしまったが、商品であるティッシュペーパーをもらって帰ることが出来た。


しかし、日頃の運動不足は否めない。
練習の時点で足がつりそうになり、3回戦を戦った時には一歩が出なくなっていた。
毎年この日、明日から少しは運動しようと思っては、反省することを繰り返している・・・。

早起きして、歩いてみたりしようかな。
いや、きっと起きないだろう・・・。

近くのスーパーに行くぐらいは、歩いて行くところから始めよう・・・。


[PR]
by couturira | 2011-06-26 21:42 | 日々のこと | Comments(4)