2011年 07月 24日 ( 2 )

カヌー

大会に出ることになった長男は、カヌーの練習。

たまたま空いていた二人乗りのカヌー。
重たいはずだが、すいすいと自在に操る。

私はカヌーに乗ったことがない。
私にとっては全くの未知の世界を、彼は知っている。
ついこの間まで、彼の知っている世界は私の世界の中にあったのに、こうしてどんどん私の知らない世界を切り拓いていくのだろう・・・。
特に男の子は、こうやってみるみるうちに遠いところへ行ってしまうような気がする。
頼もしくもあり、寂しくもある。

あまり早く、大きくならなくてもいいのにな・・・

a0175678_2291422.jpg


[PR]
by couturira | 2011-07-24 22:12 | 子そだて | Comments(4)

風呂敷の使い方

結婚が決まってから、毎年夏になるとみんなが集まって食事をする。
みんなというのはオットの家族、そして私の家族。

毎年同じところで同じように集まる。
というのも毎年この時期、ここのホテルでイベントが開催されるので、それに毎年参加しているという具合だ。

気付けば今年で11回目くらいだろうか・・・。
そして総勢12名。

数年前からは浴衣で参加するというのが私たち家族の恒例で、老いも若きもみな浴衣を着用する。
なので今年2度目の浴衣である。

先週に引き続き今週もとなると、着慣れてくる。
帯の加減も先週よりも良い感じだ。

運転手である私はアルコールこそ飲めなかったが、食べ放題なのでしこたま食べた。
さんざん食べることが出来たのも、やはり帯が苦しくなかったからだろう。

そして最後にはホテル内の温泉に入るのだが、ここで風呂敷が大活躍であった。
まさに、使わないときは小さくなり、使うときには中身の大きさに応じて適当な大きさになるという柔軟性。
これぞ日本という感じだ。
脱いだ浴衣もさらりと包みこんでくれる。

これほどの荷物を入れるバッグを持ち歩くとなると、浴衣を着ているときにはちょっと面倒だが、荷物のサイズにぴったりと合うことの出来る風呂敷はじゃまにもならない。

温泉に行く時には、必ず風呂敷持参。
いや、温泉に限らず旅行などにも連れて行きたい。

ああ、新しい風呂敷が欲しくなってきた。

a0175678_193235.jpg


[PR]
by couturira | 2011-07-24 01:12 | 日々のこと | Comments(6)