カテゴリ:手しごと( 85 )

ふわふわ花ゴム

先日のイベントに持っていこうと作ったのだが、気に入ってしまった。
気に入ったものを作っているので当然だが、一つしか作っていなかったそれを、結局自分のものにしてしまった。

そのゴムをして、先日のイベントに参加した。

そして、そのゴムがいい、と言ってくれる方に出会った。

できるだけ気に入ったものに囲まれて生活したいと思うが、気に入ったものだけに囲まれることは不可能だ。
例えば家。
例えば車。
ゴミ箱一つとってもそうだ。
出来るだけ好みのものをそろえたいが、限界がある。

でも、身につけるものだけは出来るだけお気に入りのものでそろえたい。

それは見た目だけでなく、歩きやすい靴だったり、動きやすい服だったり。
自分が安心するのだ。


それだけに、自分が気に入って身につけているものを同じように「好き」と言ってくれる人に出会うと、なんだか仲間を見つけたような気持ちになる。

次のイベントには持って行けそうだが、そこで気に入ってくれる人に出会えるだろうか・・・。

そんな出会いがあるから、面白い。

a0175678_2325183.jpg

[PR]
by couturira | 2011-06-14 23:09 | 手しごと | Comments(2)

マルチクロス

「お片づけ」が苦手だ。

いざ片づけをはじめると、どこに片付けたかを忘れてしまう。
本当に情けなくなる。

なのでお恥ずかしい話、我が家にはざっくりとした場所を決めておいて、そこにどんどん放り込んでいく収納方法が多い。


そんな我が家には、目隠しは必需品である。


ストック類を収納する棚には布をポールに付けてぶら下げている。
キッチンでは、なぜか根菜類とパンが同じかごに入っている。

せめて見た目だけでも美しくと、リネンのクロスをかけている。
「中もきれいなんですよ」と言わんばかりに、シンプルなリネンにスタンプなんか押している。


このクロス、お客様が来た時にはナフキンとして使ったり、食器を拭く時に使ったりしている万能選手だ。


ああ、きれいに片付けなくては・・・。

a0175678_9114451.jpg
a0175678_912335.jpg



[PR]
by couturira | 2011-06-10 09:18 | 手しごと | Comments(3)

逃げる場所

昔から切羽詰まらないと始められなかった。

ぎりぎりになって焦ってやるタイプだ。

夏休みの宿題。
テスト勉強。
レポートの提出。
夕ご飯の支度。


テスト勉強を始めると、部屋の掃除をしたくなる。
夏休みの宿題は、絵や習字がいつも残ってしまう。
絵を描くのもお習字も好きなのに、なかなか取り掛かれない。

イベントは来週。
作りたいものはたくさんあるのだが、なかなか取り掛かれない。

今日は1日休み。
やらなくてはいけないことは他にもあったはずだが、今日作ったものは以前作った花のゴムの色違い。
きれいな色の布を前にせっせと花を作る。

出来た花を箱に入れ、写真におさめて満足。

これでいいのか・・・。

楽しく作れるものしか作りたくない。
気分が乗らないものは作りたくない。
楽しいから続けられるのか。

これが私のペース。
いや、足りないのはアクセルだったはず・・・。


a0175678_20445545.jpg

読んでくださってありがとうございます。
励みになっています。

[PR]
by couturira | 2011-06-08 20:48 | 手しごと | Comments(2)

マリンバッグ2

リネンのボーダー柄。

いかにもマリンなバッグを作りたくなった。

大きめのバッグ。
海のお供に連れて行きたくなるバッグ。

持ち手はヒモ。
まさにマリンなかんじだ。


水筒、水着、バスタオル。
ビーチボールにレジャーシート。
海に持って行きたいものは多い。

このくらい大きいと大丈夫。

海にも山にも、ピクニックにも。
そして運動会にも。
a0175678_2059121.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-07 20:59 | 手しごと | Comments(2)

ナナメがけバッグ(ニット×ブロックチェック)

ナナメがけのバッグは使いやすい。
両手が自由になるところがいい。

我が家は子供が3人。
片手に荷物があるだけで喧嘩になる・・・。
誰が荷物のあるほうの手で我慢をするか。


黒の部分はリネンの糸で模様編み。
内布と巾着部分は、雰囲気のある綿麻のブロックチェック。
底の部分が丸いので、見た目以上にたっぷり入る。


両手が使えるのでお店で気になった服を広げる時も楽々だ。
何軒も回ってお気に入りを探したい私には、最適である。

a0175678_216472.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-06 20:57 | 手しごと | Comments(2)

フリルバッグ

白いバッグが好きだ。
どんな服にもすっきりと馴染む。

しかし、使っていくうちに汚れが気になり始める。
汚れを気にして使うのは使いづらい。

バッグというものはがしがし使いたい。

そんなことを考えると、白いバッグを敬遠してしまう。
でも、やっぱり白いバッグは潔い感じがして好きだ。


このバッグは持ち手を外せば真っ白なので、気軽に漂白できる。
真っ白なので、色落ちも関係ない。
漂白すると、またすっきりと白いバッグだ。

肩から掛けたり、手に持ったり。
ランダムに縫い付けたフリルが甘すぎない程度に、持ち手のチェックできりっと引き締める。
持ち手をちょこんと結んだ耳のところがアクセント。

買ったものをどんどん放り込める大きめサイズ。
こんなバッグを持った日は、たっぷりと買い物したくなる。

a0175678_20341827.jpg

a0175678_20351642.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-04 20:35 | 手しごと | Comments(2)

がま口 2種

小さながま口を作った。
片手にしっくり馴染む大きさが、なんだか愛着がわく。

一つはブラックウオッチ。
もう一つはブロックチェック。

どちらも好きな柄だ。

チャームは先日の木のクロスと、コイン。
もう一つは天使とプレート。

切り替えのところはハンドステッチ。
ハンドステッチは大好きだ。
不ぞろいの足跡のようだ。

空いた時間にちくちくちくちく。


何を入れよう。

私なら、飴ちゃんやフリスクか。
いや、子供のムシ刺されの薬や絆創膏がいいかもしれない。
a0175678_21232783.jpg

a0175678_21495160.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-02 21:24 | 手しごと | Comments(0)

診察券入れ 完成

診察券入れが完成した。

初めて作る形だったので、作っている間とても楽しかった。
ファスナーを付けて完成。

と、夢中で作っていたらタグを付けるのを忘れていた・・・。

やはりタグがないと、のっぺりしていて物足りない。
手縫いで付けるか、布用のボンドで貼り付けるか、目下のところ考え中である。

写真を撮った後に、古い診察券入れからどんどん移しかえる。

入る入る。
どんどん入る。

3人分の保険証やら診察券、お薬手帳など、全て入ってまだ少し余裕がある。
この余裕がなんとも嬉しい。

今までのものはちょっと無理してスナップをとめていたのだが、楽々ファスナーがしまった。

子供たちに病気になってほしくはないが、病院に行くのが少し楽しみである。

a0175678_2233888.jpg

a0175678_224770.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-01 22:07 | 手しごと | Comments(0)

マリンながま口

がま口というと、どうしても「和」をイメージしてしまうのだが、最近ではがま口もおしゃれなものをよく目にするようになった。


昨日オットが知人の結婚式に出席して、京都の飴ちゃんをもらってきた。
しましま模様のきれいな飴である。


先日、台風による雨が降る最中、子供の合宿の練習に付き合った私は少々風邪気味でのどが痛いのだが、今日は仕事。

かわいい飴ちゃんをバッグに放り込んで、仕事へ向かった。


仕事から帰って、かわいい飴ちゃんを入れるにふさわしいきんちゃくでも作ろうと思い立った。

当初はいかにも「和」なきんちゃくを作ろうと思っていたのだが、しましま模様の飴ちゃんを見ていると、マリンボーダーが頭に浮かんでしまった。
そして、随分前に買ったがま口金をまだ使っていないことを思い出した。

ちょっと使ってみたくなった。

内布にもボーダー生地を使った。
手持ちのクロスとコインのチャームを付けた。

明日はこれにかわいい飴ちゃんを入れて行こう。

a0175678_227262.jpg


いつも見て下さってありがとうございます。
とても励みになっています。
[PR]
by couturira | 2011-05-30 22:12 | 手しごと | Comments(0)

診察券入れ

私が使っている診察券入れは、長女が生まれた頃から使っている。
たまたま家にあったので、それをずっと使っている。
よくある市販のものだ。
かれこれ10年近くお世話になっていることになる。


長男が産まれ、次女が産まれ、だんだんと診察券やお薬手帳も増えていった。


そして、さすがに10年間の使用感は否めない。
病院でバッグから出すのも、最近では少し恥ずかしいくらいだった。


しかし、10年も使えば今のものに慣れてしまっている。


お財布でもそうだが、長年使ったものを新しいものに変えると、しばらくは戸惑う。
新しいものはきれいでいいんだけど、やっぱり前のものの方が使いやすかったなあと、引退したものへの未練を断ち切れない。
よく使うものほどそうだ。

だから私は少々くたびれていても、新しいものに変えることに躊躇してしまう。



仕方ないので、それと同じようなカタチのもの作ることにした。


相変わらずなかなか進まない。
サイズを決めるだけで何日も経ってしまう。
これからまた、きっと何年も共にするのだ。
納得いくまで前に進まない。
納得してもまた考え直す・・・。

ようやくここまでこぎつけた。

さっさと完成させてしまわないと、お蔵入りになってしまいそうだ・・・。

a0175678_20363173.jpg


[PR]
by couturira | 2011-05-28 20:40 | 手しごと | Comments(0)