カテゴリ:子そだて( 63 )

家庭訪問

子どもたちの家庭訪問があった。

念入りに窓拭きをした。
窓がきれいになると、ほんとに気持ちいい。
外の景色もいつもより心なしかきれいに見える。

毎年家庭訪問のこの時期、家の前の花が満開になり、見事な借景を楽しませてもらえる。
a0175678_20234573.jpg


子どもが3人いるので家庭訪問も時間差で、午後からはずっと落ち着かない。
最後の先生を送り出すと、ぐったりと疲れていた。

先生も1日に何軒も回って大変だろう。
でも、少しうらやましくもある。
いろんな家を見ることが出来る。

私は家を見るのが大好きだ。
幼い頃から新聞広告の家の間取りを見ては想像するのが好きだった。
恥ずかしながら、本気で設計士になりたいと考えたこともある。


電車の中から、線路沿いの家の中でテレビがついているのなんか見えたりすると嬉しくなる。
温かい家庭なんだろうなぁなどと勝手に妄想してしまう。

我が家は先生の目に、どんな風に映ったのだろう。
子どもが3人いることを言い訳に、なかなかきれいに片付いているとは言いがたいが、ある先生が言った。
「木のいいかおりがします。」

ずっと暮らしていると、かおりに慣れてしまって「木のかおり」を感じることは出来ないが、一番下の娘が保育園に入った時、
「木のおうちに住んでいるんですね。抱っこすると、木のにおいがするんです。」
と先生に言われた。

嗅覚は五感の中で一番鈍いように思えるが、実は強烈な印象を記憶に残すらしい。

いずれ子どもたちはこの家からも離れていってしまうだろう。
でも、どこかで木の香りにふれた時、我が家を思い出してくれたら嬉しい。
[PR]
by couturira | 2011-04-26 20:29 | 子そだて | Comments(0)

ピアノの練習

小さい頃、私は娘と同じように幼稚園の音楽教室に通っていた。

当時の記憶はほとんどないが、親に勧められて幼稚園の頃は音楽教室、小学校からはエレクトーンを習った。
週に一度のレッスンのために練習をしなければいけないのだが、楽しく練習した記憶はあまりない。
当時は親に無理やり習わされて、仕方なく続けている、とずっと思っていた。
結局部活が忙しくなる中学まで続けて、その後は高校で少し音楽をかじった程度だ。

子どもは元気にのびのびと育つのが一番と、習い事なんてしなくていいと思っていた。
しかし、今日も娘はピアノの練習をしている。

毎日毎日何曲も弾く。

彼女は楽しんでいる。
私も楽しんでいる。

彼女が弾くのに伴奏を付けてみたり、楽しそうに弾く彼女の練習に付き合うのは苦にならない。

特に好きで好きで続けていたわけでもない音楽が、今役に立っていると感じる。


が、たまに彼女も泣いてしまうこともある。
今日のように。

なぜか上手く弾けない日がある。
今日の楽譜がそんなに難しいわけでもない。

気分が乗らないのか、いつもはよめる音がよめない。

「違うよ」

4.5回同じところで間違えて、私が何度か指摘をするとぽろぽろ涙がこぼれてくる。
こうなるとますます弾けない。

親子で教えるのは難しい。
お互い甘えがある。

でも、彼女も大きくなった時に、習っていて良かったなぁと感じる日が来るだろう。
[PR]
by couturira | 2011-04-22 22:02 | 子そだて | Comments(0)

サンタさんの秘密

a0175678_22592150.jpg


今年も我が家にサンタさんがやってきた。

長女は小学校3年生。

プレゼントは小学校の放課後教室にある、「ブロックス」というボードゲーム。

クリスマスイブの日、彼女は言った。
「お母さん、放課後教室に行ってゲーム見てみなくていいの?」
「どうして?」
「別に」

・・・・なぜ、そんなことを聞くのだろう。
ついにサンタさんの秘密に気づいたのだろうか。


わたしがサンタさんの秘密に気づいたのはいつだったのだろう。

残念ながらまったく思い出せない。

ただ、どうやって秘密を知ってしまったかはよく覚えている。


仲のいい友達は4人兄弟の3番目。
私よりも少し大人びていた。

クリスマスも近づいたある日、彼女は言った。
「サンタさんなんていないよね。お父さんとお母さんがプレゼント買ってるんだよね」

何も知らなかった私は言った。
「そうよね」


見栄っ張りである。
そんなのうそだと言えなかった。

その後、両親に詰め寄ったのだろうか?


覚えていない。

いや、気付いていないフリをしていたような気がする。



彼女はもう気付いてしまったのだろうか。
それとも、まだ確信は持っていないのだろうか。

大きくなった彼女に、いつか聞いてみたい。
[PR]
by couturira | 2010-12-29 23:03 | 子そだて | Comments(0)