<   2011年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧

アサガオ

今年もアサガオを植えた。

夏に向けて、緑のカーテンにするためだ。

幸い我が家は風通りがよく、夏になっても毎日クーラーをつけるほどではない。
それもカーテンのお陰かどうかは定かではないが、毎年恒例の行事のようなものである。

今年は義父が種をまいて育ててくれたアサガオをもらった。

子供たちにも水やり当番をしっかりやってもらわねば・・・。

a0175678_17264190.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-20 18:05 | 手しごと | Comments(0)

シュシュとゴム

バザー用に、シュシュとゴムを作った。

久しぶりにくるみボタンを作ったが、楽しくていくつもいくつも作ってしまった。

くるみボタンのいいところは、少しの布でできるところだ。
お気に入りの布は、ほんの少しの端切れになっても捨てられない。
こんなに楽しいのは、捨てるには忍びないという気持ちも満たしてくれるからだろうか。

シュシュも、使いにくく細長く残った布たちが大活躍だ。
長さが足りなければ違う布を足す。
少しずつ、色んな布を使った方がかえってかわいく出来る。


子供服も布と同じように、それぞれ思い出があったりしてなかなか捨てにくい。
子供たちが着ていたお気に入りの服も一緒に持っていった。

どこかでまた、誰かのお気に入りになってもらえたら嬉しい。


今回の地震で困っている人たちのために、バザーの収益が少しでも役に立って欲しい。


a0175678_10553971.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-20 10:57 | 手しごと | Comments(0)

みかんの花

この時期窓を開けていると、風の向きによってふっといい香りが漂ってくる。

みかんの花だ。
だいだいかもしれない。

柑橘系の花の香りは大好きだ。

あまずっぱくて、少しあおくさい香り。


ああ、今年も夏が近づいてきた。

a0175678_2225375.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-19 22:27 | 日々のこと | Comments(0)

お習字の時間

今日は週に一度のお習字の日。

先生は白髪の穏やかな先生である。
先生のお陰で貴重な経験をさせてもらっている。
今まで知らなかった、いろいろな事を教えてくれる。

先生は言った。

「後何年教えることが出来るかわからないけど、
私の知っている事は全て伝えるので、何でも聞いてください。」

ありがたい言葉である。
しっかりと先生の言葉をかみしめた。



準備をしたら、墨をするところから始める。

しばらくすると、墨の香りが漂ってくる。
きりっとひきしまった気持ちになる。
このにおいがたまらなく好きだ。


今年に入ってから、2年後の展覧会へ出品するための作品とりかかっている。
大きな紙に、小さな文字を一つ一つ刻んでいく。

先はまだまだ遠い。
[PR]
by couturira | 2011-05-19 13:13 | 手しごと | Comments(0)

花のピンどめ

ようやく少し、バザー用の小物が出来た。

昨日買った刺繍糸で花を編んで、プッチンどめにグルーガンでくっつけた。
ゴムも2つだけ出来上がった。

もっといろんな色の刺繍糸で編んでみたくなった。

冬にはモヘヤの毛糸で編んだらきっとかわいくなるだろう・・・。


明日が締め切りだ・・・。

a0175678_10531550.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-19 10:53 | 手しごと | Comments(0)

刺繍糸

色と色を組み合わせるのが好きだ。
布と布もそうだ。

一つでもきれいだが、組み合わせることでもっと素敵になると嬉しくなる。


今日も刺繍糸の箱の前で一人、引き出しを開けたり閉めたり・・・。


子供が帰る時間が気になるので切り上げることが出来たが、時間を気にしないでいいなら、もっと長い時間そうしていただろう。


選んだ3色の刺繍糸。

早速作り始めよう。

a0175678_22362921.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-18 22:38 | 手しごと | Comments(0)

コロなし自転車

昨日、友達の家に遊びに行っていた次女を迎えに行くと、階段を降りながら弾んだ声で言った。

「おかあさん、じてんしゃにのれるようになった」


去年の夏、夫は1ヶ月出張で家を空けていた。
帰ってきたときに驚かそうと、毎日のようにコロなし自転車の練習をした。

しかし、2、3回こけるともう泣きべそをかいて、
「もうやらない」

そうなるとその日はそれ以上練習を続けることはなかった。

そんな感じで練習もあまりうまくいかず、結局夫が帰ってくるまでにコロなし自転車に乗れるようにはならなかった。


最近ではコロなし自転車のことなど忘れていたくらいだ。


しかし昨日遊びに行った家の子は最近自転車に乗れるようになったようで、娘に練習をつけてくれたらしい。


子供とは不思議なものだ。
ちょっとしたきっかけで、いとも簡単にハードルをクリアしてしまう。

大人になると、ハードルを越えるのが難しくなる。
いや、ハードルを目の前に尻込みして、挑戦すること自体が怖くなってしまう。


でも、いくつになってもチャレンジすることを忘れないでいたい。

何かを始めるのに遅すぎることはないと思う。
まだ間に合うと、信じたい。

a0175678_21411317.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-18 21:45 | 子そだて | Comments(0)

満月

二階の窓から光が差し込むので外を見ると、満月だった。

そういえば、カレンダーの今日の日付けのところに満月と書いてあった。
我が家のカレンダーは大宰府でもらった昔ながらの日めくりカレンダーである。
1枚1枚に色々書いてあって面白い。



新月に願い事をして、満月には願いがかなうと言う。



きれいな月だった。


a0175678_2311185.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-17 23:13 | 日々のこと | Comments(0)

だっこだいすき

今村葦子さんのこの本に出会ったのは、たしか息子が赤ちゃんの頃だ。
図書館で偶然この本を手にとった。

だっこだっことなくのはだあれ?

繰り返しの言葉が心地よく、いろんな動物が出てくるので長女も一緒にこの絵本に引き込まれた。


しかし、一番気に入っていたのは私かもしれない。

大好きなお母さんに抱っこされて嬉しそうな赤ちゃんの顔。
そして何より最後のフレーズがいい。



おかあさんもだっこがだいすきよ。

あしたはもっとおもくなれ。


小さな子どもに振り回されて、立ち止まって振り返る余裕などない生活の中、この言葉にふっと肩の力が抜ける気がした。
そして、目の前の子どもをもっともっといとおしく思えた。


何度も借りて、何度も読んだ。

忘れられない絵本の一つだ。
[PR]
by couturira | 2011-05-17 15:55 | お気にいり | Comments(0)

遠足

娘の幼稚園の遠足だった。

近くの海の公園まで親子で歩いていく。

「みなさん、お母さん、お父さんとしっかり手をつないで歩きましょう」

娘は私の手をしっかりと握った。

兄弟が2人のところは、お母さんが真ん中で両脇に子供たち。
3人兄弟がいるところは、一人はお母さんと手をつなげない。


今日は私一人に、娘一人のため大丈夫だが、普段家族で出かけるときは私の手を子供たちが取り合う。
時には我慢できずに泣き出したり、怒られたり・・・。


まだ子供たちが歩き出す前、手をつないで一緒に歩くのが楽しみだったのに、誰がお母さんと手をつなぐかでもめるようになると困ってしまう。

こういう悩みも、きっと今だけなのだろう。
そのうち、お母さんが手をつなぎたくてもつないでもらえなくなるのかな。

まだまだ小さな娘の手。
今日は汗をかくほどしっかりとつないで歩いた。

a0175678_13322961.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-17 13:35 | 手しごと | Comments(2)