<   2011年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

シュシュとカチューム

私の髪型人生の中を振り返ると、長い時期と短い時期とが交互に訪れている。
しばらく伸ばして、スパッと短く切る・・・ということを、繰り返しているようだ。

しかし、最近はあまり短く切ることはなくなった。
というのも数年来の付き合いである美容師さんがなかなか切ってくれないのである。

さあ、今日は切るぞと張り切って出かけるものの、お店へ着くと
「ホントに切るんですか?いいんですか??」
とやられるのである。

ましてや、
「長いの似合ってますよ」
なんて言われると、気の弱い私はそれ以上短く切ってくださいとはなかなか言えないのである。

まあ、彼女は私の髪質や癖を熟知しているので、プロの意見が一番だ・・・なんてすごすごと引き下がるのである。

そんな感じで最近では髪を束ねることが出来ないほど短く切ることは、ほとんどなくなった。


そんな私にとって髪を束ねるゴムやシュシュ、カチュームなどはなくてはならないものである。


いろんな毛糸を少しずつ使ったシュシュ
これからの季節を少し先取りして。

a0175678_9114334.jpg


[PR]
by couturira | 2011-09-07 18:59 | 手しごと | Comments(4)

スモック

スモックといえば、どうしても子供のお絵かき用が頭に浮かんでしまう。
しかし、これはオトナのスモック。
絵描きさんが着ているようなスモックである。

なんてことない形なのだが、レースをはさんで少しよそ行き顔に仕立ててみた。
せっかく耳の赤いラインがかわいかったので、バイアスに入れてさりげなくポイントに。

麻のさらっとした感触が、心地いい。

私は重ね着が好きなので、ゆったりしたラインに。
ボタンを開けると下に着た服ものぞかせることが出来る。

そのままスカートに合わせても、下に少し長めのチュニックを重ね着して、パンツと合わせても・・・。

a0175678_8525241.jpg




ロックシティ防府でイベントがあります。
9月9日(金)、10日(土)両日とも10時スタートです。
普段私が使っているものなどを、みなさんにも気に入っていただけると嬉しいです。
お近くの方は、是非お越し下さい。
[PR]
by couturira | 2011-09-07 08:58 | 手しごと | Comments(2)

旅支度

必要なものだけカバンに入れて、旅行に行こう。
足りないものは、向こうで買えばいい。

そんな風に旅行に行っていたのは、いつの頃だっただろう・・・。

さすがに家族が増えるとそういうわけにはいかない。


そうは言っても私は荷物は少ないほうだろう。
1日目の最低限の荷物を詰めて、後は向こうで買ったり洗濯したり。

旅先で、現地の人のような顔をして買い物をするのは本当に楽しい。
地元の人が集まる市場へ行ったり、スーパーで食料を調達。
残った材料や、買った服や雑貨は旅の記念になる。

a0175678_1016211.jpg


ロックシティ防府でイベントがあります。
9月9日(金)、10日(土)両日とも10時スタートです。
普段私が使っているものなどを、みなさんにも気に入っていただけると嬉しいです。
お近くの方は、是非お越し下さい。

いつも見てくださってありがとうございます。
励みになっています。
[PR]
by couturira | 2011-09-06 10:20 | 手しごと | Comments(4)

予選通過

今日はコンクールだった。
なんとか予選を通過することが出来た。


次女の出番を待っている間、自分のことのように緊張していた私。
どうか、間違えませんように。
どうか、無事に終わりますように。
祈るような気持ちでいた。

ふと隣を見ると、オットは全くいつもどおり。
緊張するということが、彼にはないのだろうか・・・。
羨ましい限りである。

子供の頃、発表会はおろか、教室で発表するだけでも必要以上にあがってしまう私にとって、いつもどおり平常心でいられる友達たちが羨ましかった。


少し気になるところはあったものの、なんとか弾き終えた彼女。
まるでスキップするかのように舞台の袖に引っ込んでいった。

彼女はきっと、オットの血を受け継いだのだろう。
よかったよかったと、一安心である。

ロビーできょろきょろしながら待っていた彼女を迎えに行くと、私を見つけた彼女はぱっと笑顔になった。

「頑張ったね。どうだった?」
と手をつなぐと、彼女の手はひんやりしていた。

「手がぶるぶるなったよ。どきどきした」
とにこにこしていた。


これで終わりだと思っていた私。
しかし、予選の次は本選が待っているらしい。

これで終わりだと思って練習していた彼女。
まだ次があると聞くと嫌がるかもしれないと、少々不安に思いながら彼女に告げた。
すると、

「じゃあつぎはおおきいの、もらいたい」

大きいの、とは大きなトロフィーである。
一番上手だった子がもらっていたトロフィー。


頼もしい限りである。
発表会が嫌で嫌で仕方なかった私。
熱まで出してしまったこともある。
やはり彼女はオットの血を受け継いでいるに違いない。


この調子で、上を見ながら、スキップしながら、進んでいって欲しい・・・。

a0175678_23154562.jpg


[PR]
by couturira | 2011-09-05 00:30 | 子そだて | Comments(10)

コンクール前日

a0175678_2026745.jpg

明日のコンクールを控え、最後のレッスンを受けた。
家に着き、車を降りると、いつになくきれいな夕陽が目に飛び込んだ。
まるで宗教画の空のようだ。


初めてのコンクール。
長い長い道のりだったはずだが、今思えばあっという間だったような気もする。

途中、ピアノが家にやってきて、嬉しくて嬉しくて、何度も弾いた。
まだまだ小さい彼女のために、オットが足台を作ってくれた。
しかし、何度弾いても上手く弾けずに、涙したこともある。
公開レッスンでは、さっぱり弾けなかった。
コンクールに出なければよかったと、弱音を吐いたこともある。

でも、本当に彼女は音楽が好きなのだ。
ピアノ弾こうか、と私が声をかけると、いつも喜んでピアノに向かっていた。

それが分かっただけでも、良かったのかもしれない・・・。

いや、せっかくここまできたのだから、と親としてはどうしても欲が出てしまう・・・。



ピンクのドレスは、オットの弟の結婚式に出た時に着たものだ。
その後、ピアノの発表会でもこれを着た。
そして、明日、これを着てコンクールに出る。
これを着るのは、さすがにこれで最後だろうか・・・。

しかし、結婚式用に長女と次女とおそろいで買ったので、サイズ違いの同じドレスが、まだ待っている・・・。
a0175678_20265237.jpg


読んでくださってありがとうございます。
いつも励みになっています。
[PR]
by couturira | 2011-09-03 20:34 | 子そだて | Comments(4)

ベレー帽

帽子が好きだ。

夏にはつばの広めの麦藁帽子が手放せないが、日差しがやわらかくなるといろんな帽子がかぶりたくなる。
冬になると特に毛糸の帽子がいい。

お気に入りは毛糸のベレー帽だ。

髪の毛が今日は決まらない・・・
なんて日は、この帽子をかぶると少々はねていようが、ペタンコになっていようが、すぐさま外出できる。


先日ストールを編んだ糸がまだ残っていたので、グレーとも茶色とも言えるやさしい色の糸と引き揃えて編んでみた。

編み進むと、完成が早く見たくてついつい夜なべをしてしまう。


そうして、昨夜、出来上がった。

ふわふわとモヘアの毛足が綿毛のような、やさしい帽子。


外出が楽しみだ。

a0175678_9183834.jpg


[PR]
by couturira | 2011-09-02 09:20 | 手しごと | Comments(4)

レーシーストール

涼しくなってくると、編み物がしたくなる。

そして、秋からは重ね着が楽しい季節でもある。


朝晩涼しくなってきたので、今年も編み物を始めた。


細く細く、繊細な糸で、ストールを編んだ。

編み上がりはやわらかく、ふんわりした手触り。
とても軽くて、まるで何も羽織っていないようである。


しかし、なんでもない白いシャツにプラスするだけで、途端に秋らしくなる。

今年の秋は、どんな服と組み合わせよう・・・。

a0175678_93186.jpg


読んでくださってありがとうございます。
いつも励みになっています。
[PR]
by couturira | 2011-09-01 09:06 | 手しごと | Comments(10)