「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

嘘つきは・・・

今日が私の仕事納め。
朝出かけてから帰るまでの8時間、子供達3人だけでお留守番。

出かける前に、ケンカをしたら罰金だからと言い放って家を出た。
意外と子供達だけの時はケンカはしないようだが、時間が長いので少々心配だった。

しかし、こういう時に限ってあろうことかケータイを忘れてしまった。
休憩中に職場の電話からかけてみようかとも思ったが、かけなかった。
なんとかやっているに違いない。

夕方仕事が終わって家に帰った。
すると置手紙が玄関先に置いてあった。
長女の字である。


おばあちゃんの家に行っています


家から数分のおばあちゃんの家に、昼過ぎからみんなで出かけていたらしい。
私はそのまま荷物を玄関に置いて、実家へと急いだ。

実家のコタツに入ってしばらくみんなで話をしていると、母が声を上げた。
「大変!壊れてる・・・」

クリスマスのオーナメントの雪の結晶を片付けようとしたところ、ガラスで出来たそれはポキンと折れていたのだ。
「誰が落としたの?怒らないから言ってごらん」
みんな首を横に振る。
口々に自分じゃないと言う。
私も少し怒った口調で問い詰めるが、誰も白状しない。

嘘つきは地獄に落ちること。
地獄では針の山を歩かされたり、ぐらぐらと煮えたぎる釜に放り込まれたりすることを私は話して聞かせた。
しかし、誰も名乗らない。

仕方なく、私は三人に目をつぶるように言った。
自分がやったという人は手を挙げるようにと促した。
長い時間待ったが、誰も手を挙げない。

外はもう暗くなっていた。
私は家に帰ることにした。

自転車で来ていた長男以外を車に乗せて、私達は家路についた。
車の中でも私は壊してしまったことよりも、嘘をつくことのほうがいけないことだと二人に話した。
この時点で私は誰が犯人か、大体見当はついていた。
しかし、本人に名乗り出て欲しいのだ。
家に着いた時、長女はしくしくと泣いていた。
「自分がやったのなら、自分で正直にやったって言いなさい」

しかし、長女は泣くばかりで何も言わない。
次女を車から降ろし、私と長女は長いこと車に乗っていた。
エンジンを切った車の中は少しずつ冷えていった。、


多分私の留守中、長女が中心になってお昼ごはんを食べたり、遊んだり、お片づけをしたり、いろんなことにリーダーシップを発揮してやっていたに違いない。
しかし、最後の最後に事件が起きてしまったのだ。
よくやってくれていたのも分かっている。
しかし、見過ごすわけにはいかなかった。


どれくらい時間が経っただろう。
数分だったのか。
10分以上経っていたのだろうか。
長い時間が過ぎたような気がした。
ようやく長女は嗚咽をこらえながら、
「・・・落とした」
と白状した。
その途端、関を切ったように大声で泣き始めた。
私は正直に言ったのはえらかった事。
そして、嘘は絶対にダメな事を長女に伝えた。

二人でようやく車から降り、みんなでご飯を食べた。
そして、お風呂に入った。
幸い長女が一足早くお風呂に行ったので、私は長女の後を追い、お風呂から出たらおばあちゃんに電話をかけるように言った。
長女は小さく、分かったとうなずいた。

次女と長男がお風呂に入るのと入れ違いに長女はお風呂を出て、電話をかけていた。
電話を切った後、うずくまって泣く長女がいた。


自分の失敗や間違いを黙っていて、うやむやにするような大人になってほしくない。
潔く自分の非を認め、謝る事は大人の私達にとっても簡単な事ではない。
しかし、とても大切な事だ。
出来ない時もあるかもしれない。
でも、一つ一つ、こうやって覚えていって欲しい。
そして、謝る事のできる大人になってほしいのだ。

オトナの私にとっても、肝に銘じるような出来事だった。

きっと彼女は今日の事は忘れないだろう。
大きくなってまた、こういう場面に出くわした時に、思い出して欲しい・・・。
[PR]
by couturira | 2011-12-27 23:29 | 子そだて | Comments(12)

てぶくろ

小さい頃、指のない手袋を持っていた。
指の色が全部違っていて、寒い時には手の甲についている帽子を被せると、ミトンのような形になる手袋だった。
お気に入りでよく使っていたのだが、親指だけが仲間はずれになるのが幼心になんとも納得がいかなかった。

冬になると毎年手袋やレッグウオーマーを編む。
長女に手袋を編んだのはちょうど彼女が1年生の頃だった。
かなりの大作で、手の平側にも指1本1本にも模様が編みこまれている。

あれから3年。
毛玉だらけになった手袋だが、たまに引き出しの奥から引っ張り出されては活躍の場が与えられている。
そろそろ次を編んであげた方がいいのかもと思いながらも、5本指の手袋を編むのはこりごりだ。

そんな私でも指のない手袋なら気軽に編める。
おまけにセーターの袖やズボンの裾からからちらりとのぞいた手袋や、レッグウオーマーがなんとも言えず好きなのだ。

一つ出来上がると、次はどんなものを編もうかと思いをめぐらすのも冬の楽しみである。

a0175678_10105730.jpg

a0175678_10112942.jpg

[PR]
by couturira | 2011-12-16 10:14 | 手しごと | Comments(6)

お詫び

相変わらず調子の悪いパソコンを見ると開く気にもなれず、随分と更新をサボってしまいました。

その間も訪れてくださった方々、本当にごめんなさい。

そして、ありがとうございます。


ここ最近は続いていたイベントもちょっと落ち着き、少し自分のペースを取り戻しつつあります。

イベントに初めて出たのはちょうど1年前の12月。
あれから1年、随分と早かったような気がします。
イベントやブログを通して色々な方と知り合えた事を、本当に幸せに思っています。

この1年を振り返ると、わけも分からず突っ走った1年間だったような気がします。
仕事、イベント、子育て、家事、そして自分の趣味の時間。
数ヶ月前に入った長男長女のスポ少や、次女のピアノが追い討ちをかけるように、さらに時間配分が難しくなってきました。
そろそろペース配分を見直さねば、どれもおろそかになりそうです。

作ることが好きで始めたハンドメイド。
それが高じてイベントに出させてもらうようになりました。
なんだか作り続けた1年間でしたが、そろそろこれからは自分のペースをつかまねばと思っています。

作ることというのは作りたいという気持ちがないとできないもので、いや、作業としてはできるのですが、本当に作りたいものを作るためには時間も必要なようです。

アイディアを出したり、じっくりと材料を吟味したり。
それを少しずつ形にしては、またやり直したり。

それは時間はかかりますが、完成したときの嬉しさは格別です。
更に、それを気に入ってくれる人と出会えるというのはもっと嬉しいものです。

これからは少しペースを落として作りたいものを作り続けていけたらいいなと思っています。


少し早いですが、1年間の反省と、更新をサボった懺悔。
更新がないことをご心配くださった皆様に。

これからも、よろしくお願いします♪
[PR]
by couturira | 2011-12-15 09:23 | 日々のこと | Comments(10)

コンクール本選

次女のピアノコンクール本選がようやく終わった。

熱心な先生に勧められるままコンクール出場となったが、実は私も娘もそんなところは場違いなような気がしている。
いや娘は何もかも初めてなのでよく分からないだろうが、少なくとも私はこんなはずでは・・・といった感じである。


習い事に追われていた幼少時代を過ごした私は、子供達にはのびのびと自由な時間を過ごして欲しいと思っていた。
しかし、気付いてみると三人それぞれ、習い事をしている。

次女の場合、たまたま幼稚園で音楽教室をやっていたので、安易な気持ちでピアノの世界に入ってしまった。
しかし、先生は経験豊富で熱心な先生だった。
私達は次々と出される宿題に四苦八苦である。
楽器をやっていたとはいえ、ピアノは全くの素人の私。
オットもしかりである。

流れに身を任せていると、コンクールに出ることになっていたという感じだ。

しかし、毎日毎日同じ曲を引き続けるというのは大変なものである。
次女はもちろんだが、私も少々飽き飽きしていたが、そんな事も言っていられない。
なだめたりすかしたりしながら、幼稚園バスが来るまでの数十分をピアノの練習の時間に充てていた。

ようやくこの課題曲から解放されるという喜びで、今日は朝から私も次女も晴れ晴れしていた。


会場に着き、私達と離れて順番に並ばされ、舞台の袖に向かう次女。
さすがに緊張しているようだった。
しかし、こちらを振り返りもせずにすたすたと列に並んで歩いていった。


2年前の発表会。
彼女は私から離れることが出来ずに、私達だけ親子で舞台に上がった。
なんとも恥ずかしい思いをしたのだが、私は彼女を信じていた。
いつか必ず一人で舞台に立てる。

これが一人目だと、少し違ったのかもしれない。
そう思うと三人目というのはのびのびと育つものなのかもしれない。



無事に弾き終え、彼女は小さなトロフィーを手に入れた。
彼女にとっては初めてのトロフィーである。

留守番をしている長男長女には内緒で、彼女のリクエストである回転寿司に寄った。
そして、いつもなら絶対にお許しが出ないケーキのお皿を前に、次女は満面の笑みを見せた。
家族みんなで回転寿司に行くと、帰りのスーパーで3個パックのプリンを買うのがいつもの我が家なのだ。


嬉しそうに兄弟にトロフィーを見せる次女。
みんなが寝静まり、一体どこに飾ったのかと2階に上がってみると、2段ベッドの下で、お気に入りのぬいぐるみの横で輝くトロフィーとともに眠る次女がいた。

よく頑張ったね。
おめでとう。

a0175678_2302573.jpg


[PR]
by couturira | 2011-12-03 23:15 | 子そだて | Comments(11)

維新公園イベントお礼

本日維新公園でのイベントがありました。

寒い中足を運んでくださった皆様、主催者様、出展者様、ありがとうございました。

思いがけないプレゼント、本当にありがとうございます!
来て下さるだけでも嬉しいのに、もったいないほどの心遣い、本当に嬉しかったです。


本日持久走大会の小学校がたくさんあったようで、終わった後に駆けつけてくださった方も何人かいらっしゃいました。
実は我が家の子供達も本日持久走大会。
日程が重なってしまいましたが、オットが代わりに行ってくれて、しっかりビデオに撮ってもらいました。
画面を通して子供達の力走ぶりは十分伝わりました。

子供達も自分や友達の走りを見るのは楽しかったようで、夕ご飯を食べながら何度も見せられました・・・。
いや、見させていただきました。


そうそう、本日何人もの方に下道で着たのかと聞かれましたが、三人で乗り合わせたので高速道路を通りました(笑)
私一人なら、やっぱり下道を通っていたと思います・・・。
山口市は住んでいたことがあるので、懐かしい道を通りたくなります。

久しぶりの高速道路でしたが、高速道路にもいくつか好きなポイントがあります。
下っていると、真正面に海の広がるところがあります。
冨海というところです。
今日は曇っていたのですが、水平線が青くぼんやり霞んでいてやはりきれいでした。
無機質な景色が多い高速道路ですが、ここはホッとできます。


本日は本当にありがとうございました。

[PR]
by couturira | 2011-12-01 20:58 | イベント | Comments(10)