タグ:バッグ ( 7 ) タグの人気記事

得するバッグ

私はバッグを仕立てる時、内側もきれいに仕立てたい。

内側なんて、持っているときに大して見えるわけではないのだが、そんなところも好きな布で仕立ててあると、バッグを開けるたびにちょっと嬉しい。

そんなバッグの行き着く先は、リバーシブルである。
まさに、どちらもオモテのバッグ。

どちらがハズレでもないので、飽きたらくるりとひっくり返して気分を変える。


このバッグ、片方はリネンの赤ライン。
もう片方はブラックウオッチに、タグを付けた。

私の中ではどちらもアリである。

1つで2度おいしい。
そんな言葉に弱い私である。

a0175678_22172976.jpg


読んでくださってありがとうございます。
いつも励みになっています。
[PR]
by couturira | 2011-09-29 22:20 | 手しごと | Comments(9)

リネンのバッグ

リネンのシンプルなバッグ。

赤いラインがキリッと引き締める。
せっかくのかわいい耳を生かしたくて、そのまま仕立てた。

1枚では形が決まらないので、芯を張って内布をつける。
大きめな形のバランスを見て、ちょっと太めの持ち手をつける。

内布には2つの大きなポケット。
茶色の細かいチェックもかわいらしい。
せっかくなのでリバーシブルに。

両面使えて嬉しい。

たっぷりマチをとったバッグは、実に使いやすい。
ガンガン使って、ジャブジャブ洗う。
そうするうちに、リネンならではの味も出てきて更に愛着が増す。

長く使えるバッグである。
a0175678_9343080.jpg


[PR]
by couturira | 2011-09-27 09:34 | 手しごと | Comments(6)

嬉しいバッグ

ポケットがたくさんついているバッグ。
何を入れようかとワクワクする。

表に4つ。
裏にも4つ。

お財布と携帯と、小ぶりの手帳と。
余ったポケットには何を入れよう・・・。

考えるだけで嬉しくなってくる。

使っている間に、定位置が決まる。
そうすると、もっと使いやすくなる。


そういえば、引き出しがたくさんのタンスも好きだ。
やはり、何を入れようか、ワクワクする・・・。

a0175678_1843325.jpg


[PR]
by couturira | 2011-08-02 18:46 | 手しごと | Comments(4)

マリンバッグ2

リネンのボーダー柄。

いかにもマリンなバッグを作りたくなった。

大きめのバッグ。
海のお供に連れて行きたくなるバッグ。

持ち手はヒモ。
まさにマリンなかんじだ。


水筒、水着、バスタオル。
ビーチボールにレジャーシート。
海に持って行きたいものは多い。

このくらい大きいと大丈夫。

海にも山にも、ピクニックにも。
そして運動会にも。
a0175678_2059121.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-07 20:59 | 手しごと | Comments(2)

ナナメがけバッグ(ニット×ブロックチェック)

ナナメがけのバッグは使いやすい。
両手が自由になるところがいい。

我が家は子供が3人。
片手に荷物があるだけで喧嘩になる・・・。
誰が荷物のあるほうの手で我慢をするか。


黒の部分はリネンの糸で模様編み。
内布と巾着部分は、雰囲気のある綿麻のブロックチェック。
底の部分が丸いので、見た目以上にたっぷり入る。


両手が使えるのでお店で気になった服を広げる時も楽々だ。
何軒も回ってお気に入りを探したい私には、最適である。

a0175678_216472.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-06 20:57 | 手しごと | Comments(2)

フリルバッグ

白いバッグが好きだ。
どんな服にもすっきりと馴染む。

しかし、使っていくうちに汚れが気になり始める。
汚れを気にして使うのは使いづらい。

バッグというものはがしがし使いたい。

そんなことを考えると、白いバッグを敬遠してしまう。
でも、やっぱり白いバッグは潔い感じがして好きだ。


このバッグは持ち手を外せば真っ白なので、気軽に漂白できる。
真っ白なので、色落ちも関係ない。
漂白すると、またすっきりと白いバッグだ。

肩から掛けたり、手に持ったり。
ランダムに縫い付けたフリルが甘すぎない程度に、持ち手のチェックできりっと引き締める。
持ち手をちょこんと結んだ耳のところがアクセント。

買ったものをどんどん放り込める大きめサイズ。
こんなバッグを持った日は、たっぷりと買い物したくなる。

a0175678_20341827.jpg

a0175678_20351642.jpg


[PR]
by couturira | 2011-06-04 20:35 | 手しごと | Comments(2)

マリンバッグ

a0175678_9171079.jpg


ずっとずっとあたためていた生地にハサミを入れるのは、いつもドキドキする。

このボーダーのニットも、何度もハサミを入れるのを踏みとどまった生地だ。

私は布を決めるのに結構時間がかかる。
この生地はやっぱり違う形が似合うのでは・・・。
この形にはこっちの生地?
なんて考えはじめると、ちっとも前に進まない。

中には布を見ると、この形しかないとピンと来るものもあるが、ほとんどの生地はあたためられたままだ。


麻の糸とブルーの糸を引きそろえて、下の部分を編んだのは、もう随分前だ。
でも、この部分を編んだ時、上に来るのはこのニットしかないと思った。

形にしていきながらも、また止まる。

巾着の部分はどうやって仕上げよう。
内布はどうしよう。

考え始めるときりがない。

でも、その分形になった時にはなんとも愛おしい。

家族を巻き込んで品評会が始まる。

a0175678_9161021.jpg

[PR]
by couturira | 2011-05-13 09:26 | 手しごと | Comments(0)