タグ:参観日 ( 3 ) タグの人気記事

賭け

朝から仕事が手につかなかった。

今日は参観日。
しかし私は仕事。

低学年の内は参観日となるとたくさんの人が見に来るが、高学年になってくるとだんだんと少なくなってくる。
みんな仕事を始めるからだろうか・・・。
休みを取って参観日に来ても、兄弟がいると階段を上がったり降りたりしながら、その一時間を兄弟の数で割った時間ほどしか見ることができない。

そのためか、子供の通う小学校では1時間目は低学年、次の時間は中学年、その次は高学年と、参観時間を分けるときもあれば、日にちを分けるときもある。

一昨日は長女の参観日。
一日はさんで今日は長男の参観日。
中日である昨日は、次女の就学前検診であった。

さすがに3日も続けて休日希望を出す勇気はなく、私はどうしても外せない就学前検診の日のみ希望を出し、残りの二日間は希望を出さなかった。

もしも休みになっていたら行くと、子供達には前もって言っておいた。

幸い長女の参観の日は休みになっていたのだが、長男の方は仕事となっていた。


2年生の長男はみんなで合奏をすることになっていた。
特にピアノなどを習っているわけではないのだが、次女の影響か、たまにポロンとつたない指使いで弾いている事もあるので、あながち嫌いではないらしい。


私は朝から、昼からある参観のことが気になって仕方がなかった。



私の母は専業主婦だったために、参観日には必ず来ていた。
なので参観日に母が来るのは当たり前だと思っていたし、誰も見に来てくれない参観日を経験したことがない。
なので誰も見に来てくれない参観日を迎える長男のことが、気になって仕方がなかった。


次々と集まるお父さんお母さん。
たまにおじいちゃん、おばあちゃん。
みんなそわそわと後ろを気にしている。
待っても待っても誰も来ないなんて、寂しいに違いない。


仕事が終わって家に帰る途中、てくてくと歩いて帰っている長男のランドセルを見つけた。
私はあわてて車を寄せて、長男を呼び止めた。

「お帰り」
「ただいま」

車に乗せた長男は、何も言わない。
私はたまらず、
「参観日、どうだった?」
「上手にひけた?」
「たくさんお母さんたち来てた?」
と矢継ぎ早に切り出した。

「じょうずにひけたよ」
と彼はさらりと答えた。

寂しかったのか、そうでもなかったのかは、結局分からなかった。

色々と聞きたかったのだが、
「行けなくてごめんね」
とだけ、私は言った。


帰って宿題をした後、外で一人キャッチボールを始めた長男。
今日は夕ご飯の支度もそこそこに、グローブを持って、長男のところへと急いだ。

ほんとにごめんね。

a0175678_21351565.jpg


読んで下さってありがとうございます。
いつも励みになっています。
[PR]
by couturira | 2011-10-27 21:40 | 子そだて | Comments(4)

理科と理図

今日は小学生の参観日だった。

子供たちの小学校は月に1度のペースで参観日がある。
そして、一学期に1回のペースで時間差の参観がある。

例えば、2時間目は2年生、3時間目は4年生といった具合に、1時間の間に親が途中で抜けて他の兄弟の授業に行かなくていいようになっている。

今日がその親子参観だった。

まず、2年生はスライム作り。
自分でスライムが出来ることにまず驚いた。
色水、ホウ砂、洗濯のりで出来るのだ。

色水に洗濯のりを同量加え、そこにホウ砂を水で溶いたものを少しずつ混ぜていく。
そうすると、あのどろんどろんのスライムが出来る。

息子は迷わずカープの赤を選んだ。
そしてそのスライムにストローを突っ込んで、風船を作るのだ。
これは意外と難しかったが、出来ると結構嬉しい。
a0175678_1849411.jpg


次に4年生。
理科と図工を合体させて理図の授業だという。
星座の勉強で夏の大三角形の星座である、琴座、わし座、白鳥座のどれか好きなものを選んで星座を作る。

星座のコピーを黒い画用紙に重ねて、コンパスの針を使って星の位置に穴を開ける。
そして裏からセロハンをテープでくっつけた。

何かを作るというのは面白い。
私も必死になって穴を開けた。
a0175678_18495441.jpg


子供と一緒に授業を受けた。
懐かしい小学生の頃を思い出した。
そういえば、私も図工や理科の実験が好きだった。


[PR]
by couturira | 2011-06-21 18:53 | 日々のこと | Comments(2)

参観日

小学校の参観日だった。

連休の合間ということもあって、オットも仕事を休んで行く事になった。

朝、「お父さんも参観日行くから」
と言うと、長女と長男両方から大ブーイング・・・

もうそんな年頃だろうか。
せっかく張り切っていたオットがかわいそうで、なんとかフォローをしようとするが子どもたちはそんな事などお構いなしである。


私もそんな時期があった。
幸い父は仕事が忙しく、参観日に学校へ来ることはなかったが、なぜか友達の前で父に会うのが恥ずかしい時があった。

嫌いなのではない。
でも、なぜか少し恥ずかしいのだ。

学校に着いて、オットは先に弟の方、私は姉の授業を見に行くことにした。

教室をのぞくと、新しい顔がちらほら・・・。
転校生が来たんだ、と思いながら娘を探す。

どこにいるのだろう・・・
知らない顔がけげんそうにこちらを見ている。

しばらくしてようやく気がついた。

娘のクラスは4-1。
私は3-1のクラスで娘の姿を探していた・・・。

どおりで子どもたちも不審そうな顔でこっちを見ていたはずだ。

またやってしまった。
このそそっかしさはどうやったら治るのだろうか・・・。
[PR]
by couturira | 2011-05-06 20:02 | 日々のこと | Comments(0)