タグ:次女 ( 6 ) タグの人気記事

カウントダウン

先日一大イベントである発表会も終わり、一日一日が卒園へと向かっている。

我が家で一番小さな次女は、いつまでたっても赤ちゃんのような気がしていた。
しかし、確実に大きくなっていっている。


発表会では恒例の合奏がある。
年長さんは毎年同じ歌を歌い、同じ曲を合奏する。
特別な歌と、特別な曲である。


次女は合奏で小太鼓に任命された。
幼稚園バスから降りるなり、次女は唇を尖らせながら言った。
「ピアニカがやりたかったのに、せんせいがこだいこにしたらっていう」

どうやら次女はピアノを習っているということで、小太鼓に推されているようであった。
我が家では一番おしゃべりな次女だが、幼稚園では違う顔。
初めての参観日ではみんなが楽しく音楽に合わせて教室中を動き回る中、じっと座って動かなかったし、盆踊りの時も先生の手をしっかりと握って全く踊らなかった。
初めてのピアノの発表会では、次女一人がお母さん、つまり私と二人で前に出て、私のおひざの上での発表会となった。

しかしここ最近ではピアノの発表会の舞台に一人で立つことが出来る様になっているので、なんとかなるだろうと気楽に構えていた。

しかし・・・
この小太鼓というのがかなりの曲者であった。
曲はラデツキー行進曲。
オーケストラのコンサートの最後に演奏されたりする有名な曲で、園長先生のお気に入りの曲だそうだ。

小太鼓は大太鼓のあと。
つまり裏打ちなのだ。
大人でも裏に入るのは結構難しい。
指揮に合わせて、演奏に合わせて常に裏を打ち続けなくてはいけないので、少々気持ちの悪い演奏になる年もあったことを思い出した。
案の定、次女は裏打ちに苦戦していた。


毎朝外遊びの時間に大太鼓とシンバルの子とともに次女が小太鼓を練習をしていると聞かされたのは、他のお母さんからだった。
ある日幼稚園が終わり、バスから次女とともに降りてきた担任の先生に
「今日はたくさん練習したので、家でたくさん遊ばせてあげてください」
と言われた。
私はなんとなくピンときて、次女と手をつないで家まで歩きながら聞いた。
「もしかして小太鼓出来なくて涙がでちゃった?」
「・・・うん」

やれやれこれはかなり重症らしい。
幸い毎年同じ曲なので、長男の時のビデオがある。
それを見ながらやってみると、あらあら先生の苦労がよくわかる。
せっかく選んでもらったのに、これでは先生にもみんなにも申し訳ない・・・。

長男長女も加わって毎晩家族で合奏である。


さて、発表会当日。
私達家族の頭の中には次女の小太鼓の事しかなかった。
劇など二の次である。

舞台の上の次女はいつになく緊張した面持ちであった。
あれほどまじめな顔の次女を今まで見た事があっただろうか。
ビデオを覗き込みながら、祈るような気持ちで次女と一緒に頭の中でリズムを刻む。

無事に演奏が終わり、客席に向かって深々とお辞儀をした先生の目には涙が浮かんでいた。

私達にとっても思い出深い発表会となった。


それにしても・・・
我が家が建っているのが騒音の心配のない田舎でよかった・・・。
[PR]
by couturira | 2012-03-09 00:23 | 子そだて | Comments(2)

コンクール本選

次女のピアノコンクール本選がようやく終わった。

熱心な先生に勧められるままコンクール出場となったが、実は私も娘もそんなところは場違いなような気がしている。
いや娘は何もかも初めてなのでよく分からないだろうが、少なくとも私はこんなはずでは・・・といった感じである。


習い事に追われていた幼少時代を過ごした私は、子供達にはのびのびと自由な時間を過ごして欲しいと思っていた。
しかし、気付いてみると三人それぞれ、習い事をしている。

次女の場合、たまたま幼稚園で音楽教室をやっていたので、安易な気持ちでピアノの世界に入ってしまった。
しかし、先生は経験豊富で熱心な先生だった。
私達は次々と出される宿題に四苦八苦である。
楽器をやっていたとはいえ、ピアノは全くの素人の私。
オットもしかりである。

流れに身を任せていると、コンクールに出ることになっていたという感じだ。

しかし、毎日毎日同じ曲を引き続けるというのは大変なものである。
次女はもちろんだが、私も少々飽き飽きしていたが、そんな事も言っていられない。
なだめたりすかしたりしながら、幼稚園バスが来るまでの数十分をピアノの練習の時間に充てていた。

ようやくこの課題曲から解放されるという喜びで、今日は朝から私も次女も晴れ晴れしていた。


会場に着き、私達と離れて順番に並ばされ、舞台の袖に向かう次女。
さすがに緊張しているようだった。
しかし、こちらを振り返りもせずにすたすたと列に並んで歩いていった。


2年前の発表会。
彼女は私から離れることが出来ずに、私達だけ親子で舞台に上がった。
なんとも恥ずかしい思いをしたのだが、私は彼女を信じていた。
いつか必ず一人で舞台に立てる。

これが一人目だと、少し違ったのかもしれない。
そう思うと三人目というのはのびのびと育つものなのかもしれない。



無事に弾き終え、彼女は小さなトロフィーを手に入れた。
彼女にとっては初めてのトロフィーである。

留守番をしている長男長女には内緒で、彼女のリクエストである回転寿司に寄った。
そして、いつもなら絶対にお許しが出ないケーキのお皿を前に、次女は満面の笑みを見せた。
家族みんなで回転寿司に行くと、帰りのスーパーで3個パックのプリンを買うのがいつもの我が家なのだ。


嬉しそうに兄弟にトロフィーを見せる次女。
みんなが寝静まり、一体どこに飾ったのかと2階に上がってみると、2段ベッドの下で、お気に入りのぬいぐるみの横で輝くトロフィーとともに眠る次女がいた。

よく頑張ったね。
おめでとう。

a0175678_2302573.jpg


[PR]
by couturira | 2011-12-03 23:15 | 子そだて | Comments(11)

次女の憂鬱

髪を伸ばしている次女。
毎朝幼稚園へ行く前に、私が髪を結うのが日課になっている。

毎朝、
「今日はどうする?」
と次女のリクエストに答えているのだが、今日は何も考えずにみつあみにした。

ふと鏡の中のみつあみに気付いた次女。
「えー、みつあみ・・・」

明らかに不服そうである。

今まで次女のリクエストの中にはみつあみも含まれていたので、意外な反応だった。
私はすかさず理由を尋ねると、

「だって、こてつくんがぞうさんっていうんだもん」

なるほど次女のみつあみがぞうさんの鼻に見えるのか、からかわれたらしい。

私は
「ぱおーんってやってあげたら?」
と言ってみたが、次女は浮かない顔。

私はみつあみを解こうとしたが、次女はそのままでいいと言った。

家では一番おしゃべりな次女だが、外では違う顔。
周りにはおとなしいと思われているようだ。


よくみつあみをしてもらっていた小学生時代、私もおとなしいほうだった。
クラスのいじめっ子に意地悪されても、言い返せずにいた。
その時の私にとっては一大事だったのだが、今となっては他の思い出と同じ色になっている。


次女をぞうさんとからかった、こてつくん。
実は次女のことが好きだと言っていると、お母さんから聞いている。


今は大変だと思うことも、後になって振り返ってみるとなんてことないってことはよくあることだ。
渦中にいる今は気付かなくても、ほとんどのことはそうだろう。


次女は今日も元気に幼稚園バスに乗り込んだ。
まだまだちっちゃな憂鬱である。

いってらっしゃい。
a0175678_9121987.jpg


[PR]
by couturira | 2011-11-11 09:18 | 子そだて | Comments(0)

豪快に

ペロティをご存知だろうか。

丸いチョコレートに棒がついた、あのお菓子である。
いろいろあるが、私が一番よく覚えているのは、二層になっていて上がピンク、下が茶色のアレである。
そして、上のところには色々な絵が描いてあった。

子供の頃のお気に入りのお菓子の一つだったのだが、まず最初に絵のかいてある部分を消して、それから少しずつ口の中で小さくしていくというのが私のいつもの食べ方だった。


そういえば、それぞれのお菓子を食べる時に必ずする食べ方というのがあった。
とんがりコーンは全ての指にはめて爪のようにしていたし、きのこの山はかさの部分と軸の部分を外して食べていた。
母には必ず怒られていたのだが・・・。


先日遠足があった次女。
ペロティの仲間のようなお菓子をおやつに選んでいたのだが、溶けるのがいやだという理由で家にそれは置いていった。


今日は雨。
外で遊べないので、幼稚園から帰ってから、私はままごとの相手をさせられていた。
娘はお菓子屋さん。
私がお客さん。
家にある様々なお菓子がテーブルに並べられ、

「どれにしますか?」

私は娘が持っていかなかったぺロティまがいを選んだ。
娘が気に入って買ったお菓子なので、売ってくれないのでは・・・と内心思っていたのだが、意外にもあっさりと5000円で売ってくれた。
もちろんこども銀行のお金である。

「はい、どうぞ」
娘はそれを私に手渡した。

「食べてもいいの?」
「いいよ」

私は二つあるうちの白い方をもらい、もう一つのピンク色の方を次女にあげた。
きっとちびちびと食べるのだろうと見ていると、なんと次女、ペロティを豪快に一気に全部口に入れ、棒からぼりぼりとチョコレートを全てはがし、無残にも服を脱がされたような状態になった棒をちらりと見ると、もぐもぐと口を動かしながら、そのままゴミ箱にポイッと放り込んだ・・・。


子供の頃、私は食べ終わった後の棒もなかなか捨てられなかった。
棒だけになっても、しばらくカラカラと口の中でころがしたりしていた。
棒には絵がついていて、スタンプのようになっている。
捨てきれずに洗ってのけておいたものもあったような気がする。

あまりの次女の食べっぷりに、私は笑いが止まらなかった。
私の大笑いに次女も一緒になって笑った。
しかし、口にチョコレートが大量に入っている次女。
その後ほっぺたが痛くなったのは言うまでもない・・・。

[PR]
by couturira | 2011-10-21 22:02 | 日々のこと | Comments(10)

最後の運動会

年長の次女にとって、幼稚園最後の運動会があった。

実はこの幼稚園、私も通った思い出深い幼稚園なのだ。
園舎も建て替わり、様子は随分と変わってしまったが、またこの幼稚園に来ることになるとは、深い縁を感じてしまう。

そんな幼稚園での最後の運動会。
次女は末っ子のため、私達にとっても最後の運動会となった。


その運動会、毎年年長児による組体操がある。
毎年ピラミッドが見所。

そして、小柄な次女はそのピラミッドの一番上に立つことになった。
逆上がりも、自転車も、割とすんなりとクリアしてきた身軽な次女のこと、一番上に立つことも、たいして問題ないだろうと思っていた。

しかし、運動会が近づくにつれて、お母さん達から声を聞くようになった。

「まだ、ピラミッド、成功してないみたい」


余計なことはなんでも話すくせに、大事なことはあまり話さない次女。
私はそんなことになっているとは、ちっとも知らなかった。
呑気なものである。

結局運動会前日、ようやく1回だけ成功したようだった。

私は次女に、
「崩れても、落っこちそうになっても、頑張って立とうね」
と、少々無茶苦茶なアドバイスをして、当日の朝を迎えた。


園児の疲れを考慮してか、組体操はプログラムの前半に組み込まれていた。

ピラミッドは2、3個出来るのだろうと思っていたのだが、今年は全員で1個のピラミッドを作ることになっていた。

全員で15人くらいだろうか。

1段、1段とみんなが積み上がり、4段目に立つために、次女が土台に足をかけてよじ登る。
しかし、4段目に到達する前に、ピラミッドは崩れてしまった。

そして、再チャレンジ。

一番土台の子は、地面についている足が痛く、顔をゆがめている。
かなりの重さを支えなくてはいけないので、地面についているひざ小僧が痛いのだ。


自然と園庭に「頑張れ!」の声が響き始めた。
観客からも、見ている年中以下の園児からも・・・。


しかし、次女が3段目に手を掛け、はい上がった時、やはりピラミッドは崩れてしまった。


クラスの先生は残念そうに、プログラム中盤の休憩を挟んで、また、チャレンジしますと伝えたが、結局再チャレンジはなかった。

園児の疲れや、時間を考慮してのことだろう。


こうして、幼稚園最後の運動会は終わった。
次女はピラミッドの上に立つことは出来なかったが、みんなの成長をたくさん感じた運動会であった。

深く深く、心に残る運動会だった。



次女に後で、何が一番心に残ったかと聞くと、しばらく考えて、
「かけっこ」

出来なかったことよりも、出来たことに目を向ける、前向きな次女。
いや、出来なかったことを悔しがっているからこそ、あえてそれと答えなかったのか・・・。



a0175678_10473587.jpg


[PR]
by couturira | 2011-10-09 11:05 | 子そだて | Comments(6)

オンナの勘

オットは飲み会が結構多い。
多い時は週に2,3回そそくさと出かけていく。

しかし家にいる時には、毎日晩酌をするということは無い。
通風と診断されているオットは、家にいるときくらい尿酸値を下げるために、プリン体の摂取は控えねばならないのだ。

打ち上げで・・・。
懇親会で・・・。
話があるらしくて・・・。
理由は様々。
大っぴらに嬉しそうな顔はしないが、要するに、外でみんなでわいわいとやるのが好きなのだ。


今朝、小学生組が学校へ行き、オットが仕事へ行く時間になったころ、幼稚園の服に着替えながら、次女がぽつりと言った。

「おとうさん、きょうはのみ?」

オットは
「え?!」
と驚いている。
なぜ分かったのかと、あたふたしている。

ちらりと私を見た。
いや、私は言っていない。
子供に聞かれたら包み隠さず話すつもりだが、まだ、聞かれていない。

私も何かオットの服装がいつもと違うのか、飲み会仕様になっているのかとオットを見たが、別段変わった様子も無い。



「だって、さっき、こうやってそとをみたもん」


そう、オットは飲み会の朝、同僚に職場まで送ってもらう。
車を置いて帰らなくてもよいようにと、手を回しているのだ。
迎えの車が来たのでは・・・とちらちら外を気にしている様子を、次女は見逃さなかったのだ。

なんと鋭い戌年生まれ。
こんなに小さいながらも、いつもと違う様子をキャッチしているとは・・・。
恐るべし、オンナの勘。
私にその術を、伝授してほしいものである・・・。

読んでくださってありがとうございます。
いつも励みになっています。
[PR]
by couturira | 2011-10-04 08:59 | 子そだて | Comments(11)