タグ:花のゴム ( 1 ) タグの人気記事

就学前検診の日に思うこと

来年小学校へあがる次女。
先日就学前検診があった。
髪を伸ばしている次女のために、私は冬用のゴムを作った。


実は次女、長男長女が通う小学校へ一時期毎日のように来ていた。


現在4年の長女が、1年生だった5月連休明け。
突然長女は学校へ行きたがらなくなった。

当時保育園に通っていた長男と次女とともに長女を車に押し込み、私は学校へ通った。
学校へ着いても泣きながら逃げる長女を、校長先生は肩に担いで校舎へ運んでくれた。
教室へ入るように促す担任の先生達。
その間、私と長男と次女は、保健室で長女が教室へ入るのを待った。
そのまま教室へ入ることはほとんどなく、空き教室や保健室で長女はサブの先生や保健の先生に随分とお世話になった。
その時に校長先生にかけ続けてもらった言葉のおかげで、なんとか乗り切れたといっても過言ではない。

「学校全体で全力を挙げてバックアップしますから、どうぞ安心して任せてください」

先生の言葉通り、いろんな先生が長女のために時間を割いてくれた。
私達は学校に対する不安は何もなかった。
長女のことだけを気にしていればよかったのは、ありがたいことである。

そのうち夏休みになり、夏休み明けから長女はじわじわと登校班とともに学校へと行くようになり、そのうちそんなことがあったなんて忘れてしまうくらい、普通に学校へ行くようになっていた。
そして今となっては家族の中で一番に起きて制服に着替え、階下から、
「起きてー」
とみんなを起こしてくれる。

そういうわけで、私達は保健室の先生や校長先生達と随分仲良くなった・・・。

当時まだ2歳だった次女をよく知っている保健室の先生は、就学前検診へ来た次女を見て驚いていた。


すぐにゴムはなくなってしまう。
二つセットであったはずが、気付けば一つになってしまったものばかりが箱の中で寂しそうにしている。
どこかで外してそのままどこかへいってしまったり、細い彼女の髪からするりとぬけてしまうのか・・・。

毛糸数種類で花を編み、ゴムにした。
一つなくなっても良いように、3個同じものを作った。
これで一つなくなっても大丈夫である。
いや、安心して、すぐにまた一つになってしまうのか・・・。
a0175678_9353526.jpg


[PR]
by couturira | 2011-10-28 10:13 | 手しごと | Comments(6)