2012年 03月 01日 ( 1 )

巡りめぐって

知人の通夜に出た次の日、友人の出産祝いのために病院を訪れた。
日頃生と死を身近に感じることなく過ごしているが、両方を同時に見せられて、色々と考えさせられた週末だった。

葬祭会館での通夜や葬儀が主流の中、住み慣れた家から送り出してもらえた事をきっとよろこんでいたに違いない。

出産した友人とは次女の参観で顔を合わせた時、これは出産も間近だと秘かに感じていた。
案の定、翌日の朝待望の男の子を出産した。
大き目のバッグと赤ちゃんのスタイ。
そのスタイとおそろいのシュシュとマスクはお母さん用。
お母さんと赤ちゃんの帰りを待つお姉ちゃん達にはお母さんとおそろいのピン。
a0175678_11133124.jpg

a0175678_11135432.jpg

生と死のバトンタッチ。
なんとも命の不思議を感じてしまう。


そういえば、我が家の長男。
「お母さんが歳をとらないように、このまま大きくなりたくない」
なんてもらしたりする。
老いの先に死があることを理解しているようだ。

実はそんな長男の出産の直前、私は遺書を書いていた。
なんと大げさなと思われるだろうが、当時の私は大真面目だった。
長女を帝王切開で出産してから二年後。
普通分娩で長男を出産予定だった私は、少々リスクを抱えていた。
実際長男出産の際には生死をさまよったのだが、その遺書は幸い役立つことなく、今となってはどこにいったのか分からなくなってしまった。

そんな私の様子を長男はおなかの中で見ていたに違いない。

何かと私のことを気遣ってくれる長男。
おなかの中での記憶が刷り込まれているのだろうか。

望もうが望むまいが、少しずつ大きくなっていく子供達。
腹の立つ事もあるが、成長を楽しませてもらっている。
きちんと次にバトンを渡すためにも、しっかりと育てていかねば・・・。
[PR]
by couturira | 2012-03-01 11:20 | 日々のこと | Comments(2)